ピンクの胡蝶蘭を大切な人に贈ろう!花言葉や色の種類について解説

胡蝶蘭の定番カラーは白かピンクです。

「ピンク」と一口に言っても、実は様々な色合いのものがあり、紫色に近いもの、淡いピンク色のもの、紅色のような濃いピンク、黄色みがかったオレンジ色のようなベージュのような色など、個性豊かです。

そんなピンクの胡蝶蘭について、花言葉や贈りたいシーンについて解説いたします。

是非大切な人や「ここぞ!」という時にピンクの胡蝶蘭を贈る際の参考にしてください。

ピンクの胡蝶蘭の花言葉

花には、花そのものの花言葉と、色別の花言葉があります。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」というものです。蝶を彷彿させる花の形から「胡蝶蘭」と名付けられ、花言葉も蝶がヒラヒラと花から花へ舞う様子から「幸せが飛ぶ」というイメージによりつけられたと言われています。

また、「純粋な愛」という花言葉もあり、愛する人へ贈る花として人気高いです。

色別の花言葉は、白の胡蝶蘭が「清純・純粋」で、ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛しています」です。

ピンクの胡蝶蘭は、まさに「愛」を象徴する花であり、大切な人、愛する人に贈りたい素敵な花なのです。

ピンクの胡蝶蘭はピンク色?紫色?

冒頭でもピンクの胡蝶蘭には様々な種類があると述べましたが、胡蝶蘭の色として「ピンク」と言ったり「紫」と言ったりします。

正確には、ピンクと紫、どちらなのでしょうか。

正解は……ありません。

花の色は非常に複雑で繊細です。

「ピンク」「紫」と一言で表せないような色合いのものが多く、「紫寄りのピンク」や「淡いピンク色のような紫」といった具合で、複数の色の要素が絶妙に混在して織りなす魅力を秘めているのです。

一般的に、胡蝶蘭は「白」または「ピンク」の2色と言われていますが、正確には「白」または「ピンクや紫」と言った方がしっくりくるかもしれません。

ちなみに、胡蝶蘭のピンクや紫の色は、品種によって大きく異なります。

・赤紫のような色

・紫がかったピンク

・淡い紫色からピンクへのグラデーション

・ピンクベースに赤紫の線が入ったもの

・ピンクベースで中心部が濃い赤の「リップ」

・淡いピンク色

・濃いピンク色

・ピンクベースに紫っぽいまだら模様

など、その種類の多さに驚きます。

ピンク(紫)の胡蝶蘭を手配する際には、しっかりと写真を確認し、イメージに合うものかどうかチェックした方が良さそうですね。

<ザ・ピンクを求めるならば人工染色の「ピンクエレガンス」がおすすめ>

自然界の色は実に複雑です。

特に胡蝶蘭は「ピンク」や「紫」とハッキリとした色のものが珍しく、典型的なピンク色の胡蝶蘭を探すのは至難の業です。

典型的な「ザ・ピンク」という色のものを探しているならば、人工染色の「ピンクエレガンス」という胡蝶蘭がおすすめです。

愛知の松浦園芸という胡蝶蘭の園芸でのみ生産されているシリーズで、ピンクのみならず、ブルーやオレンジ、グリーンなど、色とりどりの胡蝶蘭が私たちの目を楽しませてくれます。

ピンクは自然に生成する胡蝶蘭にも見られる色ですが、定番のピンク色は見つけるのが難しく、紫っぽい、赤みがかっている、薄すぎる……など理想に合致しないことがあります。

そんな悩みを解消してくれるのが「ピンクエレガンス」です。

ピンクエレガンスは、定番中の定番ピンクで、濃すぎず、薄すぎず、丁度良い発色です。

紫でも赤でも薄桃色でもなく、「ピンク」が良いんだ!!という際にはピンクエレガンスも検討してみてください。

ピンクの胡蝶蘭を贈るのに相応しいシーン

ピンク色の胡蝶蘭は、花言葉が「あなたを愛しています」ということもあり、愛が深く関係するシーンの贈り物としておすすめです。

いくつか例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

[プロポーズや結婚記念日など]

「愛」といえば「結婚」のイメージと直結するように、ピンクの胡蝶蘭はプロポーズや結婚記念日など、結婚関係のイベントのプレゼントとして最適です。

プロポーズでは、まさに「あなたを愛しています」という想いを込めて贈ることができますし、結婚式(披露宴)や結婚記念日にも、愛の気持ちを伝えるためにピンクの胡蝶蘭を贈るのはとても素敵なことです。

[大切な人へのプレゼント]

結婚関係ではなくても、付き合って○周年など、恋人のイベントでもピンクの胡蝶蘭は活躍します。

恋人の誕生日、記念日、特別な日に、ピンクの胡蝶蘭に「愛」を込めて、その気持ちを贈ってみてはいかがでしょうか。

[ピンクが好きな人へ]

当たり前ですが、好きな色の花をもらえば誰でも嬉しいと感じるものです。

ピンクが好きな人に胡蝶蘭を贈るのであれば、やはりピンク色のものを選ぶのが良いでしょう。

色の細かい好みが分かっていれば、好みの色合いに近い胡蝶蘭を選ぶのが良いですし、特に分からなければ定番ピンクの「ピンクエレガンス」や、万人受けする「淡く上品な薄めのピンク」がおすすめです。

[女性が多い会社や女性向けの事業を展開している企業へ]

ピンクや赤が女性らしい色、というイメージは、ジェンダーレスとなった今でも根強く残っています。

性差別的なものではなく、単純な「イメージ」として、やはり女性が多い職場や女性をターゲットとした事業を展開している企業にはピンクの胡蝶蘭を贈りたくなります。

男女関係無く、コーポレートカラーやイメージカラーがピンク色の会社にも、ピンク色の胡蝶蘭は適したチョイスと言えるでしょう。

[愛や恋がテーマとなっている事業を展開している企業へ]

「純愛」や「あなたを愛しています」という花言葉を持つピンク色の胡蝶蘭は、愛や恋をテーマとする事業を展開する企業へ贈るお花としても最適です。

婚活パーティーや、マッチングアプリ、結婚相談所、結婚式場、ブライダルエステサロンなど、愛や恋をテーマとする事業は意外と多く、ピンクの胡蝶蘭は重宝します。

ピンクの胡蝶蘭を探すなら胡蝶蘭専門店ギフトフラワー

ピンク色の胡蝶蘭を探す際には、なるべく多くの種類から選べるショップがおすすめです。

近所の小さな花屋などの小規模な店舗だと、扱っている胡蝶蘭の種類が少なく、ピンクが置いてあっても1,2種類しか無いということもあり得ます。

その1,2種類のどちらかがお眼鏡に適えば良いのですが、イメージと違った……となると困ってしまいます。

沢山の種類の胡蝶蘭を扱っているショップは、オンライン上で展開していることが多く、その中でも九州から全国へ胡蝶蘭を配送している「ギフトフラワー」という胡蝶蘭専門オンラインショップがおすすめです。

質の高い胡蝶蘭を豊富に取り揃えており、ピンクの胡蝶蘭の種類も多く、紫色に近いものから淡いピンク色まで、様々なピンクの胡蝶蘭から好きなものを選べます。

人工染色の「ピンクエレガンス」も扱っているため、「ザ・ピンク」の胡蝶蘭を希望する場合にも利用できます。

丁寧な対応とスピーディーな配送には定評があり、金額やシステムが分かりやすく利用しやすいショップです。

是非一度ショップサイトを訪れてみてください。

詳細ページ公式ページ


Comments

“ピンクの胡蝶蘭を大切な人に贈ろう!花言葉や色の種類について解説” への1件のコメント

  1. […] 美容整形外科やビューティークリニックのような「美」をテーマにした病院やクリニックの開院祝いならば、華やかなピンクや化粧蘭などもおすすめです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です