艶やかさが目を引く「ピンクエレガンス」の魅力

人工染色だからこその艶やかさで目を引く「ピンクエレガンス」の魅力

pink

開業祝いや開店祝いなどに贈る花として人気の胡蝶蘭。

胡蝶蘭の色というと、白かピンクの2色を思い浮かべます。ピンクと言っても、少し紫がかっているのが特徴で、胡蝶蘭の種類によって紫が強いもの、赤味がかっているもの、淡い色合いのものなど、微妙にその色が異なります。

 

青やオレンジなど、カラフルな色は自然界には存在しない胡蝶蘭ですが、愛知県で胡蝶蘭を栽培している松浦園芸では、人工染色により様々な色をつけた胡蝶蘭を生み出すことに成功しました。

カラーバリエーションは7種類あり、エレガンスシリーズと名付けられました。

ブルーエレガンス

マリンエレガンス

グリーンエレガンス

イエローエレガンス

オレンジエレガンス

ピンクエレガンス

パープルエレガンス

これらのカラフルな色を纏った胡蝶蘭は、個性的な美しさで存在感を発揮します。

ブルーやグリーンなど、もともと自然界には存在しない色が目立ちますが、自然界にもあるピンクもエレガンスシリーズとして販売されています。

今回は、そんなピンクエレガンスについて、人工染色ならではの魅力や、おすすめのプレゼントシーンなどについてご紹介いたします。

エレガンスシリーズの秘密

松浦園芸が誇る「エレガンスシリーズ」は、独自の特殊技法により胡蝶蘭を傷めることなく多種多様な色に染め上げています。

白い胡蝶蘭をベースとして色をつけますが、花びらに直接スプレーをかけたり色水に浸したりする方法ではなく、内側から色を滲み込ませていきます。

花を傷めるような成分は入っていないため、花持ちが悪くなるようなことはなく、通常の胡蝶蘭と同じ期間楽しむことができます。

遺伝子組み換えによるカラード胡蝶蘭も数種類存在していますが、販売用には作られておらず購入ができないことと、鮮やかな色合いは出せないことからプレゼントには向きません。

美しく幻想的で目を引くようなエレガンスシリーズは、贈呈用の胡蝶蘭に新しい風をもたらし、注目を集めています。

ピンクエレガンスとナチュラルなピンク色の胡蝶蘭の違い

ピンク色の胡蝶蘭は自然界にも存在していますが、その色合いは少し紫がかっているのが特徴です。

これに対し、ピンクエレガンスは王道の「ピンク色」です。

淡く上品で愛らしいピンク色は、まさに「かわいい」という言葉がピッタリ当てはまるような雰囲気を湛えています。

ものによってはピンクというよりも紫に近くなってしまう胡蝶蘭は、選ぶ時にかなり気をつけなければなりませんし、ネットなどで手配した際には写真の色と異なるイメージのものが届いてしまうリスクもあります。

その点、ピンクエレガンスは人工染色だからこそ、花のコンディションに左右されず安定して美しいピンク色の花を咲かせます。

ピンクエレガンスに込められた想い

松浦園芸公式サイトではピンクエレガンスについてこのように紹介しています。

===

【優しく】

ロマンチックで温かく優しい気持ちにしてくれます。

やわらかいイメージで心にやすらぎを与えてくれるかわいらしい色「ピンクエレガンス」。

満ちたりた気分をもたらし幸せな空間を演出します。

開店・開業、就任・昇進、当選・受賞、還暦・敬老、母の日、新築、発表会・個展など各種の御祝いはもちろん、プロポーズや愛する人のお誕生日、結婚記念日などに。

(松浦園芸公式サイトより引用)

===

「優しさ」を象徴するようなピンク色は、まさに「愛」を届けるのにピッタリです。

プロポーズ、大切な人への贈り物として、個人的なプレゼントにもおすすめできるのがピンクエレガンスの魅力です。

ピンク色の胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛しています」

花言葉は色によって異なります。

バラの花言葉は「愛」と「美」ですが、赤いバラには「熱烈な恋」、ピンクのバラには「愛の誓い」や「しとやか」、そして黄色のバラには「嫉妬」という花言葉があります。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」ですが、白には「純粋」、そしてピンクには「あなたを愛しています」という花言葉もあります。

この花言葉はあくまでも自生する胡蝶蘭につけられたものですが、ピンクエレガンスもピンク色の胡蝶蘭であることに変わりないので「あなたを愛しています」という想いを込めて大切な人に贈ることができます。

ピンクエレガンスを贈りたいおすすめのシーン

一般的に胡蝶蘭は開業祝いや開店祝いなど、お祝いの場に贈られます。

贈る胡蝶蘭の色や種類は、特に決まり事があるわけではありませんが、ピンクエレガンスをおすすめしたいシーンをご紹介しましょう。

ピンク色が好きな人へ

好きなものを贈るというのは、プレゼントの基本中の基本です。

企業宛に胡蝶蘭を贈る場合は、その社長や贈る相手がピンク色が好きだと分かっていればピンクエレガンスをおすすめします。

ピンクがテーマカラーの会社へ

企業宛に胡蝶蘭を贈る際に、もし贈り先の企業にテーマカラーがある場合は、その色の胡蝶蘭を贈ると印象に残ります。

今回はピンクエレガンスについて紹介していますので、ピンク色がテーマカラー、コーポレートカラーの会社向けに相応しいとしますが、もちろん他の色がテーマカラーであれば、その色の胡蝶蘭を手配するのが良いでしょう。エレガンスシリーズならばブルーやオレンジ、グリーンなど、珍しい色の胡蝶蘭も揃えられているので、是非探してみてください。

女性をターゲットにした事業や女性が中心となっている会社へ

ピンクというと、やはり女性らしいイメージが強いでしょう。

女性向けの商品を扱っているような会社や、社員の多くが女性である会社などに贈る場合もピンクエレガンスはおすすめです。「エレガンス」という響きが、一層女性らしさを際立たせるようでとても素敵な贈り物となることでしょう。

個人的な贈り物として

個人的にピンクエレガンスを贈るシーンでは、母の日にお母様へ、恋人の誕生日や記念日に、プロポーズに、結婚記念日に、といずれも大切な人への贈り物として重宝します。

また、キャバ嬢やママさんなど、夜のお店の女性へのプレゼントとしても最適です。自生の胡蝶蘭よりも発色が良く「かわいらしい」印象が強いピンクエレガンスは、女性たちの心を掴むこと間違いなしでしょう。

ピンクエレガンスの手配なら胡蝶蘭専門店ギフトフラワーで

松浦園芸で作っているピンクエレガンスですが、松浦園芸に行かなければ手配できないというわけではありません。全国に出荷しているため、扱っている店舗は全国各地に複数あります。

ただ、店舗で販売されていることはほとんどなく、手配するならインターネットがおすすめです。検索すると様々なショップが出てきますが、その中でもおすすめなのが九州にある「ギフトフラワー」です。

九州から全国へ胡蝶蘭を発送しており、翌日配送や、都市によっては当日の配送も可能です。スピード感と品質の高さには定評があり、取り揃えている胡蝶蘭の種類も豊富です。

エレガンスシリーズも扱っているため、ピンクエレガンスの手配も依頼できます。

ピンクエレガンスと他のエレガンスカラーをミックスしたカラフルな胡蝶蘭もありますし、他にも受賞蘭や個性的な蘭など、色々な胡蝶蘭を取り扱っているので、理想的な胡蝶蘭を見つけることができます。

胡蝶蘭を手配する際には、是非公式サイトを訪れてみてください。

詳細ページ公式ページ

 


Comments

“艶やかさが目を引く「ピンクエレガンス」の魅力” への3件のフィードバック

  1. […] ちなみに、白の胡蝶蘭は「純粋」や「清純」、ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛しています」という、それぞれの色別の花言葉もあります。 […]

  2. […] 紫でも赤でも薄桃色でもなく、「ピンク」が良いんだ!!という際にはピンクエレガンスも検討してみてください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です