独自の特殊技法で胡蝶蘭を黄色く染めたイエローエレガンスの魅力

お祝いの贈呈品として人気の胡蝶蘭。

ひとつひとつの花びらが大きく存在感があり、花びらの質感には高級感が漂い、ゴージャスでありながら気品もあるという、まさにお祝いの席にピッタリのお花です。

 

取引先の企業や、付き合いのある知人が、お祝いのイベントを開いた時に何か贈るとなると、真っ先に胡蝶蘭が頭に浮かぶという方も少なくありません。

贈り物のセオリーとして「相手が好きなものを贈る」というものがありますが、この際に「好きな色」というのもポイントになってきます。

しかし、困ったことに胡蝶蘭は白とピンクの2色がスタンダードカラーで、その他の色はあまり出回っていません。

贈る相手の好きな色の胡蝶蘭を贈りたくても、や緑、黄色の胡蝶蘭なんて無いしなぁ…と思って困っていた方に朗報です。

実は、様々な色に染めたカラード胡蝶蘭があるのです。

愛知県にある松浦園芸では、独自の特殊技法で、胡蝶蘭を傷めることなく美しい色に染め上げる方法を確立し、色とりどりの「エレガンスシリーズ」を作り上げました。

本記事では、シリーズの中でもひときわ明るく輝く黄色の胡蝶蘭、イエローエレガンスについて紹介いたします。

ただの白じゃつまらない!仄かに黄色く色づいたイエローエレガンスの魅力

エレガンスシリーズは、名前に「エレガンス」と入っているように気品ある美しさを大切にしています。ただ色をつければ良いというものではありません。

濃い色をつけると、たちまち胡蝶蘭本来の上品さが失われてしまい、折角の胡蝶蘭の風格が台無しになってしまいます。

胡蝶蘭は、あくまでも品良く美しくなければならないのです。

そのため、イエローエレガンスの黄色は、菜の花のような濃い黄色でもなければ、蛍光イエローのように目がチカチカするような黄色でもありません。

白い胡蝶蘭が本来持っている品のある淡い乳白色のような白色に仄かに黄色をプラスして、カスタードクリームのような優しい色合いに仕上げてあります。

「黄色!!」と主張しているわけではないため、目を引くインパクトはどちらかというと抑え気味ですが、ただの白ではない「個性」がきちんと主張しています。

まさに絶妙なバランスで色付けされた品あるイエローなのです。

イエローエレガンスは笑顔と幸せを運ぶ胡蝶蘭

イエローエレガンスを作っている松浦園芸の公式サイトでは、イエローエレガンスを「~笑顔~ 光りを導き希望をもたらし明るく元気づけてくれる「イエロー エレガンス」。軽やかに華やかに幸せな気分にさせてくれ皆さまに笑顔をもたらします」と紹介しています。(松浦園芸公式サイトより引用)

太陽をイメージさせるイエローは、光や希望などを思い起こさせ、明るく前向きな気持ちにさせるパワーがあります。そんなイメージから、松浦園芸ではイエローエレガンスに「笑顔」というコンセプトを授けました。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せを運んでくる」というものです。

花には色別の花言葉もあり、ピンク色の胡蝶蘭には「純愛」や「敬愛」などの花言葉もありますが、「幸せを運んでくる」という言葉は胡蝶蘭に共通の花言葉です。

エレガンスシリーズは、まだ作られてから間もないということや、松浦園芸が花言葉をあてていないことから、イエローエレガンスの花言葉というものは無いのですが、胡蝶蘭共通の花言葉と、「笑顔」というコンセプトを組み合わせて、イエローエレガンスを贈る時には「笑顔と幸せを運んでくる」というメッセージを込めることができそうです。

<ちょっと注意!黄色い花の花言葉にネガティブなものが多い歴史的背景>

先ほど少し触れたように、花言葉には、花そのものの花言葉と、色別の花言葉があります。

同じ花でも色が違うと花言葉も変わってくるのですが、黄色い花にはネガティブな言葉がついている傾向があります。

例えば、黄色いバラは「嫉妬」、黄色いユリは「偽り」、黄色いチューリップは「望み無き恋」、タンポポは「別離」、ヒマワリは「偽りの富」、母の日の贈り物として人気のカーネーションも黄色いものだと「軽蔑、嫉妬」、そして近年人気歌手が歌ってカラオケでもよく歌われる曲のタイトルにもなったマリーゴールドは、なんと「絶望、悲哀、嫉妬」……

このようにとにかく黄色い花にはネガティブな花言葉があてられています。

その理由には西洋の歴史的背景が隠されています。

諸説あるのですが、一説によると、キリストを裏切ったユダが身に付けていた衣の色が黄色だったため、黄色には「裏切り」や「堕落」、「差別」や「嫉妬」などのネガティブなイメージがついてしまったと言われています。

他にも、金色に似ていながら本物の輝きをもたない黄色は、「卑賎」な色、「偽り」の色、とされていたという説があります。

そのため、黄色い花の花言葉にはネガティブなものが多いようです。

ちなみに、ポジティブな花言葉を持つ黄色い花だと、ガーベラが「究極の愛、やさしさ」、黄色いパンジーが「つつましい幸せ、田舎の喜び」などがあります。また、ヒマワリには「願望」や「未来」といったポジティブな花言葉もあるようです。

なぜ、ここで「ちょっと注意!」として、黄色い花の花言葉についてお話したかと言うと、花言葉に詳しくなくても「黄色い花にはネガティブな花言葉がつく」とか「黄色い花は嫉妬を意味する(本当は「黄色いバラ」の花言葉なのですが、飛躍して捉えてしまう方も…)」とか、なんとなく黄色い花に良いイメージを持っていない方がいらっしゃるからです。

そのため、イエローエレガンスを贈る際には、メッセージカードなどで「なぜ黄色い胡蝶蘭を選んで贈ったのか」ということについて少しだけでも理由を伝えるのが良いでしょう。

「御社のイメージカラーであるイエローの胡蝶蘭を…」や「社長の〇〇様のお好きな色が黄色を伺いまして…」など、理由を説明することで、変な誤解を招くことを避けられます。

<イエローエレガンスを手配するなら胡蝶蘭専門店ギフトフラワーがおすすめ>

なかなか珍しいイエローエレガンスのご紹介をいたしましたが、実際に贈るにはどうやって手配するのが良いのでしょうか。

スタンダードな白やピンクの胡蝶蘭しか扱っていない一般的な花屋では、イエローエレガンスは手配できません。

胡蝶蘭を専門に扱っているお店が近くにあれば、もしかしたら取り扱っているかもしれないので、訪れてみるのも良いですが、簡単に確実に手配する方法はインターネット通販を利用することです。

おすすめの通販サイトは、九州から全国に向けて質の高い胡蝶蘭を発送しているギフトフラワーです。

スピーディーに、高品質な胡蝶蘭を配送してくれて、エレガンスシリーズを含めた豊富なラインナップからニーズにぴったりマッチする胡蝶蘭を見つけることができます。

立て札やメッセージカード、ラッピングなどは無料でついてきますし、送料も北海道と沖縄以外は無料なので、安心して注文できます。

イエローエレガンスの手配が必要になった時には、是非一度ショップサイトを訪れてみてください。

詳細ページ公式ページ


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です